SANYO ソーラー発電・USBコネクタ出力付き N-SC1S eneloop ニッケル水素電池 充電器 \19,800(10%還元)

SANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1SSANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S
()
不明

商品詳細を見る
欲しくても、なかなか見つからなかった商品なのだが、www.yodobashi.comへ問い合わせたところ、2007/04/27に発注すれば約1ヶ月待ち、タイミング次第で約2ヶ月待ち(受注生産のため)と言うことで、2007/04/27に発注したところ、2007/05/03に到着した。
都合、1週間かからなかったことになるか。まぁ、早く届いてよかった。

ちなみに型番については、ソーラー発電機のみモデルがNC-SC1で、それに単3型eneloopが4個付属するのがN-SC1Sのようだ。
そして、単3型or単4型eneloop4個までの充電と、USB電源出力(DC5.0V 500mA)に対応する。

宅配便の箱を開けると、まずはこのような箱が。豪華二層構造になっていた。
20070503175553.jpg

そして現物表面はこんな感じ。(サイズ比較用に、Microsoft Wireless Laser Mouse 6000を。)
20070503175559.jpg

現物裏面はこんな感じ。(今度は単3型eneloop充電池も置いてみました。)
20070503175606.jpg

早速、ワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードの電池を、オキシライド電池からeneloop充電池に変えてみたところ、宣伝文句通りにすぐに使えた。しばらくはこれで行きたいと思う。

そして、肝心の発電機を窓際に。
・・・充電中ランプがつかない。が、ごくわずかに充電している模様。
今度は、ベランダに出して直射日光を浴びさせると、充電中ランプが光った。しかしながら、満充電になるまでにはかなり日光が必要そう。(発電中は、赤→橙→緑の順でランプが光るものの、赤止まりだった。)

ちなみに、赤だとeneloop単3型2個未満、橙だとeneloop単3型2個分(約150分)、緑だとeneloop単3型4個分(約300分)充電が可能とのこと。
また、USB直流出力に関しては、いずれの色でも出力可能とのことだった。
そして、ソーラーパネルの最大出力は2.4W(5.3V 450mA)、内蔵リチウムイオン充電池は3.7V 6900mAhとのことだった。

満充電まで約6日かかる理由がなんとなく分かった。
ソーラーパネルの出力がネックなんだろうけど、家庭用だからそう大きくはできないのだろう。(コスト故。)

強いて言えば、ACアダプタで発電機を充電できたら便利かも?と思った。(が、本末転倒か。)

コメントの投稿

秘密(省略可)

Amazon関連商品

お好みの品物がございましたら、ぜひご利用くださいませ。



ブログ内検索
カレンダー
« 前月 | 2019/08 | 次月 »
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カウンター
当ブログについて
  • 制作者: MASA4
  • リンク、コメント、トラックバック、ブログ拍手、ツイートする、いいね!、大歓迎です。
  • 記事RSS(最新20件)
     
  • コメントRSS(最新10件)
     
  • トラックバックRSS(最新10件)
     
  • QRコードより、携帯端末からもアクセス可能です。
     
  • MASA4のポータルサイト(メイン)は↓です。
    http://masa4.skr.jp/
メールフォーム
情報提供、ご意見、ご感想、お待ちしております!(誤字脱字も)

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント(最新10件)
太字は、MASA4のコメントです。
分類別
年月別