スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドー DSi専用 ストレッチタッチペン 本体収納タイプ \525

ニンテンドーDSi ホワイトニンテンドーDSi ホワイト
(2008/11/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る

DSCF1950.jpg DSCF1951.jpg
ひょんなことから新品のDSi本体(白)を入手することができた。

ニンテンドーDSi専用 ストレッチタッチペンDSi ホワイトニンテンドーDSi専用 ストレッチタッチペンDSi ホワイト
(2009/01/31)
Nintendo DS

商品詳細を見る

DS Liteの時と同様で、本体標準付属(純正)のタッチペンは使いづらかったので、DSi用のタッチペンを購入することに。

DSCF1956.jpg
購入したタッチペンを伸ばした状態で、純正のタッチペンと並べてみた。
伸び縮みができて、本体に収納できるタッチペンは便利だと思う。
スポンサーサイト

ニンテンドー DS Lite専用 ストレッチタッチペン Lite 本体収納タイプ

ニンテンドーDS Lite専用 ストレッチタッチペンLiteニンテンドーDS Lite専用 ストレッチタッチペンLite
(2006/05/05)
Nintendo DS
商品詳細を見る
このところ、ニンテンドー DS Liteを使う頻度が高まったのだけれども、本体標準付属のペンは、無くしても良いように2本付いてくるのは良心的だなぁ、と思っていたのだけれど、使いやすさの面ではイマイチ(短いし、しなることがある)・・・と言う状況だった。
そこで条件として、
  1. 本体に収納できるもの
  2. 丈夫なもの
  3. (出来れば)伸縮可能なもの
  4. (この際)社外品でもよい
を満たすものを探したところ、見事に全てクリアし、なおかつ、Nintendoライセンス商品(Nintendoのお墨付き?)な商品が見つかったので購入。\476だった。
ちなみに、本体の色が白色のため、ペンの色も白色とした。白色以外にも、いろいろな色のペンがあるようだ。

ただ、ここで気がついたのは、本体に収納できるものとなると、ニンテンドー DS専用、ニンテンドー DS Lite専用、ニンテンドー DSi専用と、それぞれ別個の商品となり、流用はできないことだ。(恐らく、それぞれに標準付属するペンの大きさからして違う。)

そう言うこともあってか、同社より、ニンテンドー DSi専用、ニンテンドー DS専用の商品も発売されていた。(下記参照)
ニンテンドーDSi専用 ストレッチタッチペンDSi ホワイトニンテンドーDSi専用 ストレッチタッチペンDSi ホワイト
(2009/01/31)
Nintendo DS
商品詳細を見る

ニンテンドーDS専用 ストレッチタッチペンDSニンテンドーDS専用 ストレッチタッチペンDS
(2005/09/10)
Nintendo DS
商品詳細を見る


実際、冒頭で購入した製品を使ってみると、軸が金属製なのでしなることはないし、ペンを本体から取り出すと87.5mmから125mmに伸ばすことができ、伸ばした状態だとかなり持ちやすく感じた。
ちょっと値段が高めなのがネックだけれども、標準付属のペンに不満を感じている人は、置き換え用として購入を検討しても良いのでは?と思った。(ただし、先にも書いたように、各ゲーム機ごとにサイズが違う点には注意して欲しい。)

KIDDYLAND 原宿店 PENZ GEAR 先行発売

PENZ GEAR PG-13 ペンスピニングDVDセット ノーマル回転決め技系PENZ GEAR PG-13 ペンスピニングDVDセット ノーマル回転決め技系
(2008/02/28)
不明
商品詳細を見る

PENZ GEAR PG-14 ペンスピニングDVDセット ソニックフリースタイル系PENZ GEAR PG-14 ペンスピニングDVDセット ソニックフリースタイル系
(2008/02/28)
不明
商品詳細を見る
キデイランド原宿店にて、02/01(金)~02/03(日)に、ペン回し用に最適化されたペン(12種)、そして教則DVD付きタイプ(2種)が先行発売される、とのことだったので行ってみた。
両方買おうかなぁ、とも思ったが、各\1,575とのことなので、ノーマル回転決め技系だけ購入してみた。ちなみに、まだ封は開けていない(笑)

タカラトミー 人生銀行 \3,480(2%還元)

人生銀行人生銀行
(2006/12/28)
不明

商品詳細を見る
先日から気になっていたこの商品、とうとう買ってしまった。
それにしても、評判どおり液晶は見づらい。コントラストの調整が出来るようになったり、バックライトが付くようにしたり、そう言った部分の改善の余地はあると思う。
ちなみに、単3乾電池3本で動作するので、SANYO eneloop 単3型充電池を使って稼働させることにした。

ハニービー

なぜか手元に↓がある。おはちが回ってきたようだ。
ハニービー レッド ハニービー レッド
(2006/09/23)
シー・シーピー

この商品の詳細を見る


よく見ると、リチウムポリマー充電池を採用していたり、なにげにハイテクだ。
でも、制御は赤外線で行われているようだ。(誤動作が心配。)

試してみたいが、いかんせん自室は六畳一間と狭い上に、電化製品(電波を放つ奴ばかり)てんこ盛り。
恐ろしくて試す気になれない。

たぶん、↓のお世話になることになると思う。
ハニービー テイルプロペラセット ハニービー テイルプロペラセット
(2007/02/27)
シー・シーピー

この商品の詳細を見る

Amazon関連商品

お好みの品物がございましたら、ぜひご利用くださいませ。



ブログ内検索
カレンダー
« 前月 | 2017/11 | 次月 »
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
カウンター
当ブログについて
  • 制作者: MASA4
  • リンク、コメント、トラックバック、ブログ拍手、ツイートする、いいね!、大歓迎です。
  • 記事RSS(最新20件)
     
  • コメントRSS(最新10件)
     
  • トラックバックRSS(最新10件)
     
  • QRコードより、携帯端末からもアクセス可能です。
     
  • MASA4のポータルサイト(メイン)は↓です。
    http://masa4.skr.jp/
メールフォーム
情報提供、ご意見、ご感想、お待ちしております!(誤字脱字も)

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント(最新10件)
太字は、MASA4のコメントです。
分類別
年月別
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。